設置に関する注意点|SDカードタイプの防犯カメラで犯罪から身を守る【抜群の性能】
camera

SDカードってどうなの?防犯カメラを設置する前に知りたいこと

よく売れている防犯カメラをチェックしよう

no.1

存在感たっぷりの室内用カメラ

家庭用というよりは、万引き防止に使われているのでコンビニや大型スーパーなどで多く設置されています。防犯カメラとしての存在感もばっちりで、犯罪を抑制する効果が期待できます。専用のケースを使えば屋外でも使用可なので、防犯対策の幅を広げたい時に助かるでしょう。

no.2

設置環境に馴染みやすいカメラ

このタイプは、カメラとしての威圧感はもちろん、室内、室外両方に馴染む形なので設置しやすい点が人気の理由です。形はドーム型で、汚れ防止策としてカバーが付けられています。汚れのせいで映像の鮮明度を失うことはないでしょう。主に使われる場所は、エレベーターの中、ホテル、空港などです。家庭用に選ぶ人もいるので、場所を選ばず設置できるのは嬉しく思います。

no.3

赤外線が搭載されたカメラ

人の目で確認できない赤外線で、暗闇を照らし犯人の顔を認識することができます。また、赤外線を出す際にレンズの部分が赤く光るので、犯人はそれを見て犯罪を思いとどまります。暗視撮影の場合白黒表示になりますが、画素数が高いので犯人の顔も鮮明にわかります。

設置に関する注意点

女の人

配線の場所をチェックしよう

SDカードタイプの防犯カメラを設置する場合は、コンセントの位置をチェックしましょう。遠い場合は、延長コードを別で用意し、設置することができます。モニタリングで使用する場合は、普段使っているパソコンを用意しておきましょう。ちなみにノートパソコンの方が移動する時に便利ですが、ない場合はLANケーブルを繋げて使うという方法があります。詳しくは防犯カメラの設置を行なう専門業者に尋ねましょう。

設置場所を考える

最近の防犯カメラは、防水加工がされているので雨に打たれても壊れる心配はありません。しかし、雨水にあたったカメラは、汚れが付着しやすく掃除が大変面倒です。さらに、雨が降る中SDカードを取り出すことを考えるとあまりいいとは言えません。たとえ防水加工であっても、メンテナンスと取り出す工程を考えれば屋根のついた場所に設置した方がいいといえます。またSDカードタイプの場合、挿入口が丸見えであることがよくあります。防犯カメラの知識に優れている犯罪者なら、証拠隠滅のために抜き取られる危険性があります。対策としては人の手の届かない場所に設置することです。後は挿入口の部分を隠すなどの対策はしておいた方が安心でしょう。この辺に注意すれば、ほぼ問題なく使えます。

長時間の録画には向いていない

SDカードの防犯カメラのデメリットは、長時間の録画ができないことです。ただ、設置する手間がかからず、便利なので補助的な部分で活用されています。例えば、長く家を空ける場合は、長時間録画ができる防犯カメラを活用し、念のため設置しておきたい時はSDカードの防犯カメラを使うなど、その時によって使い分けることが可能です。防犯カメラの設置自体が初めてだったり、どういった効果が得られるのかを知りたかったりした場合のお試しにSDカードの防犯カメラはとても役立つので購入を検討してもいいでしょう。